« 「麒麟がくる」の最終回 | トップページ | オリンピックとSDGs »

2021年2月 7日 (日)

麒麟がくる最終回

 最終回をみました。光秀単独犯行説でしたね。平らかな世を作るために信長に賭けたのですが,信長はいくさに明け暮れていました。信長は,足利義昭を討てば,いくさは終わると言って,光秀に義昭討ちを命じましたが,それは光秀には応じられないことでした。光秀は,追い込まれてしまいました。正親町天皇の「月にのぼる者」の示唆もありました。光秀は信長を討たなければならないという暗示にかかってしまいました(ただし,天皇は決して光秀にも信長にも味方はしませんでした。最後に秀吉に関白を与えたことについて東庵と語り合うシーンは,朝廷黒幕説を否定したものでしょう。このほか,ドラマでは,義昭黒幕説,家康黒幕説,秀吉黒幕説もすべて否定していました)。前回は,帰蝶から,現在の信長を作った責任は光秀にあると言われ,作った以上は責任をもてということで,信長暗殺を示唆していました。光秀が主君暗殺に追い込まれていった事情は,よく示されていました。また,秀吉の「大返し」の成功は,細川藤孝の裏切りという説に立っていました。光秀は,藤孝を頼りにしてはいたと思いますが,ドラマでは,最後に会ったときにもはや頼りにできないことがわかった感じでした。光秀は,藤孝がかりに裏切っても,藤孝の息子に嫁いだ娘のたまが生き残ってくれれば,よいと思っていたのでしょう(たまに,最後の言葉を残したところは印象的です)。実際,その作戦は成功するのです(たまの子は,熊本の細川家につながっていきます)。また統治面では,自分が失敗したら,家康に任せるということを考えていました。その伝令役を菊丸(岡村)が果たしました。麒麟は自分でなくてもよいということでしょう。本能寺の変は,突発的なものでしたが,明智は自分が失敗したあとも考えて,冷静に行動していたということです。
 というストーリーでしたが,それなりに説得力をもあって,明智光秀という難しい人間を,魅力的に描いていたと思います。朝廷や幕府を重んじながら平和の実現に邁進し,ただ信長を利用するという危険な賭をし,その賭けに失敗したものの,結果的に,その後の秀吉,家康政権をつくりだし,平和を到来させたという点で,歴史的な偉業を果たした人物であるという描き方だったと思います。その意味で,光秀は麒麟でした。決して,家康接待の際の信長からの打擲への憎しみ(これはドラマのなかで,信長に,家康を試す芝居であったと釈明させています)や,親しい関係にあった長宗我部氏の討伐(ドラマでは少しだけ出てきます)などは本能寺の変の主因ではなく,また他のドラマではよく出てくる丹波攻めの際の信長の裏切りで人質であった母が処刑されたことへの恨み(これは史実ではないとされ,本ドラマでも処刑シーンは登場しませんでした)も関係ないのです。私怨を晴らすというようなことではなく,大義のために戦って生きた男という描き方は好感を持てました。明智三郎さんは,どのような感想をもっているでしょうかね。

« 「麒麟がくる」の最終回 | トップページ | オリンピックとSDGs »

映画・テレビ」カテゴリの記事