« 東京オリンピックの撤退戦略 | トップページ | 追悼,半藤一利 »

2021年1月14日 (木)

Work Story Award 2020

 昨年やった仕事の一つに,一般社団法人at Will Work が行っている「Work Story Award 2020」のゲスト審査委員というのがあります。タニタの社長の谷田千里さんら5人のゲスト審査委員のうちの1人となり,各カテゴリーごとに優秀なストーリーを選考しました。さらに,ゲスト審査委員が独断で自らの賞をつくって授与しました。このほかにも,平田麻莉さん率いる「一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会」などグループ審査員からの賞の授与もありました。
 働き方に関する様々な課題にとりくみ,それを乗り越えて,一定の成果をだすまでのストーリーを競い合うというもので,審査委員がみたのは一次選考通過後のものですが,どのストーリーも興味深く,企業や個人が必死にいろんな課題に立ち向かっていることがわかりました。時代を反映してか,リモートでの働き方に関するものやフリーランス関係のものが比較的多かったような気がしますが,地方自治体での個人の奮闘というようなストーリーもありました。受賞したストーリーはネットで読めるので,ご覧になってください(『Work Story Award』2020 受賞ストーリー | at will work)。
 私の個人賞は,名前は「デジアナ・バランス賞」でした。デジタル技術が席巻する時代で,これに背を向けていてはだめで,積極的に取り入れていかなければならないのですが,でもアナログ的な価値も捨ててもだめで,そのバランスが大切である,というのが賞の趣旨でした。私がこの賞に選んだのは,株式会社ナラティブベースの「離れていても強くつながる リモートで企業カルチャーを創り出す」というストーリーでした。このストーリーを読んだ瞬間に,私の感覚にぴたっとくるものがあり,すぐに賞を授与しようと決めました。このストーリーでは,「デジアナ・バランス」を実践するうえで必要となる企業カルチャーを,「パターン・ランゲージ」という手法を用いて創り上げていくところに独創性があります。フリーで,リモートで働く人をどうつなぎとめてプロジェクトを遂行していくかというのは,これからの働き方においてとても重要な要素だと思っています。拙著『会社員が消える』(文春新書)でも書いたように,今後はプロ人材がプロジェクト型で働いていくようになるのですが,それが成功するためには,やはり仲間達のコミュニケーションがうまくやれることが必要となるのであり,それをリモート環境のなかでどのように実現していくかには,いろいろ知恵を使わなければならないところです。こういう問題関心をもっていたので,ナラティブベースの取組みは,とても興味深いものがありました。
 このほかにも,面白いストーリーはたくさんありました。とくに若い人たちがいろいろ工夫して,課題の克服に向かって頑張っている姿には,実に頼もしいものがありました。陸上自衛隊出身の女性社員が面白い社内報をつくろうと頑張っているフジッコなど,地元の神戸の企業の活躍にも勇気づけられました。こういう面白い企業や人材を引き寄せるat Will Work の企画力にも感服します。私自身,自分のキャリアとして,人に語れるような感動的なWork Storyなど何もないにもかかわらず,こういう企画に参加させてもらえてよかったです。これを刺激として,私も何かWork Storyで他人に語れるものをつくれればと思いました。

« 東京オリンピックの撤退戦略 | トップページ | 追悼,半藤一利 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事