« 私の最近の論考 | トップページ | 説明できない政府 »

2020年10月13日 (火)

日本学術会議任命拒否問題に思う(その2)

 日本学術会議の会員任命拒否について,残念ながら,政府の説明は不十分で,首相に任命権があることは強調するものの,任命権をどのように行使したかの説明はできておらず,記者会見でも首相は官僚の作文を読むだけという感じでしたね。今回拒否された6人のうち,少なくともお二人は専門外の私でも名前を知っている著名な学者です。おそらく拒否の理由について,まともな説明をすることはできないでしょう。もしかしたら,政府批判の言動をどこかでされていたのかもしれませんが,そんなものを調べ上げて任命拒否したのだとすると恐ろしいことです。
 菅首相自身の問題か,その側近の問題かよくわかりませんが,こういう露骨なことは止めたほうがよいでしょう。菅首相は,いくら苦労人のイメージでアピールしても,権力的な側面が見えてしまうと,イメージダウンとなるでしょう。
 とはいえ,ここに手を突っ込んでしまった以上,本音を言って居直る以外は,あとはどう弁解しようとしても,弁解しきれないので収拾が難しいでしょうね。一般国民なら忘れることでも,学者はこういうことは決して忘れません。それに,森友,加計,桜をみる会などへの国民の反発は,特定の人が良い思いをして不公平だという不満がベースにあったのですが,任命拒否は誰かを優遇するのではなく,学者という民間人を,母体団体の推薦を無視して排除したという,まさに「上からの排除」の構図があるわけで,場面はかなり違いますが,小池百合子東京都知事が希望の党で失敗したときと同じような感覚で国民に受けとめられる可能性もあります。つまり,「私も排除されないだろうか」という不安をかきたてかねないのです。
 いずれにせよ,日本の知識階層を,思想的に左か右か,リベラルか保守かにかかわらず,敵に回してしまったツケは重いものとなるかもしれません。ちなみに役人は,人事権を握る者にはひれ伏すかもしれませんが,日本学術会議の会員に任命されなくても,普通の学者ならビクともしないでしょう。学者は,ここは一般の国民と感覚がずれていて,今回くらいの排除なら,むしろありがとうと思うかもしれません。どんな理由で政府で嫌われたのかという好奇心から,論文は広く読まれるようになり,本も売れるかもしれませんから。そうなると,その思想が広がり,政府にとって逆効果になってしまいますね。しっかり先を読まなければならないのです。

« 私の最近の論考 | トップページ | 説明できない政府 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事