« 遠隔試験をやってみないか | トップページ | 後期が始まる »

2020年10月 4日 (日)

Webあかし連載終了

  明石書店のWEBマガジン「Webあかし」で連載していた「テレワークがもたらすもの―呪縛からの解放―」が,無事終了しました。全20回ご愛読ありがとうございました。5か月間,ほぼ毎週「テレワーク」をテーマにしたエッセイを書き続けました。メディアでは,テレワークがどうやったらうまくいくかというような話が多いのですが,そういうことも組入れながら,より大きな視点から「テレワークのもたらすもの」は,いったい何なのかを私なりに追求してきたつもりですし,今後の書籍化にあたっては,いっそう追求していきたいと思っています。
 以前も弘文堂のサイトでエッセイを連載し,それをベースに(と言っても,かなり違った内容となりましたが)『AI時代の働き方と法』という書籍が誕生したことがありました。雑誌ではなく,Webサイトに連載して,そこから書籍化していくというスタイルは面白いです。しかも,雑誌連載のときのように,基本的にそれをそのまま書籍化するのではなく,Webサイトではアイデア的なものを書き,書籍ではそれを具体化していくという手法は,チャレンジングなテーマを扱うときに適している気がします。
 いずれにせよ,2020年は,私にとって,いろんな意味で転換の年です。テレワークを素材にどんな本ができあがるか私自身楽しみです。

« 遠隔試験をやってみないか | トップページ | 後期が始まる »

私の作品」カテゴリの記事