« 予想は外れたが | トップページ | 「優」の答案を書く能力が無駄遣いされている »

2019年11月21日 (木)

英語の民間試験導入騒動に思う

 大学入試というのは,本来,個々の大学で,自分たちの教育を受けるのに適した学生を選抜することを目的としたものです。欧州では,入口での選抜はせず,出口(卒業)のところで厳しく選別するのが一般的だと思いますが,日本では,そういう方法はとっていません。そのため,日本では,大学入試が人生にとってきわめて大きな意味をもっていることは周知のとおりです。とりわけ入試の科目や内容は,受験生にとってきわめて大きな関心事です。

 私は,今後はさほど将来の保障につながらない大学への入学をめぐる競争に巻き込まれていることからして,受験生に同情的なのですが,それはさておき,現実には多くの受験生は,良い大学に入学することを,人生初期の最大の目標にしているはずです。

 萩生田大臣の「身の丈」発言などにみられるような,都市部と地域との格差が問題となって,野党はそこを攻めようとしているのかもしれませんが,そうしたことより,大学受験というものの重要性について,大臣も文科省も意識が足りないのではないか,ということが気になります。あれやこれや言われたから,問題をさっさと認めて民間試験の導入を延期すればよいというような軽々しい取扱いには,非常に強い違和感をおぼえます。「過ちては則ち改むるにはばかるなかれ」ということで評価する声もあるようですが,新しい試験に備えて準備をしてきた受験生や受験生を子にもつ家庭にとっては,たまったものではないでしょう。

 大学入試の試験問題をなんだと思っているのでしょうかね。共通一次やセンター試験に真剣に取り組んだことがある人であれば,試験の内容が変わるのが,どれだけ大きなことかはわかっているはずです。ひょっとしたら,そうした経験のない人が,いろんなことを決めているのではないか,と思わざるを得ません。

 国民は,なめられているのです。受験生やその家族の怒りは深く沈殿していくでしょう。政府が大事なことをいとも簡単に変えたという事実は,若い人たちに,政府を信頼していれば酷い目にあうという教訓となって残るでしょう。これは将来,政府を信頼しない国民を増やし,私たちの社会の将来に悪い影響を及ぼすでしょう。

 もちろん,今の入試制度が良いわけではありません。大学入試センター試験(2020年度から「大学入学共通テスト」)のようなものがなぜ必要なのか,試験科目はどういうものであるべきか,ということをゼロから議論してもらいたいです。デジタライゼーションの時代には優秀さの定義が変わるのであり(拙著『会社員が消える-働き方の未来図』231頁以下を参照),教育のあり方からして,根本的に変わらなければなりません。政府は,今後どういう人材を育てたいのか,そのためには,どういう大学(あるいは教育システム)にしなければならないのか。こういうことをしっかり議論するためには,まったく新たな発想をもつ人に教育政策をめぐる議論に参加してもらいたいです。

 ついでに言うと,国語の記述式問題も困ったものです。その採点基準にみられるように,記述とはいえ,型にはまった答えしか求められていません。採点基準に寄り添うことができるような人材しか良い点がとれません(だから予備校的な試験対策が可能となるし,アルバイトでも採点できるような試験となるのです)。これがAI時代に最も不要な人材になるのです。こんなことはわかりきっていることなのに,止まりそうにない現状が嘆かわしいです。

 

 

 

« 予想は外れたが | トップページ | 「優」の答案を書く能力が無駄遣いされている »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事